第二のふるさと・余暇クラブ




欧米ではリゾートの為に働くと言われておりましたが、その憧れから見れば日本にも日本人らしいふるさとを楽しむ様なリゾートとが普及しております。そのニーズを受け止め“壱岐牧場”は一歩一歩店作り地域づくりに努力致しております。

そこに訪れるユーザーと地域とが共存共栄をするのが”第二のふるさと・余暇クラブ”なのです。




その重点地区は日本水浴八十八選壱岐随一のビーチ“ツツキ”にハワイの“ワイキキ”を重ね、
無人島“辰の島”は壱岐の知床の役割を果たし各町の資質を堪能し大量生産では出来ない特化した生産物でのおもてなしを通じてアピールしユーザーと地域との共存共栄することはある意味では都会より住みやすい地域に成れます。


国はそんな二極化を求めながら実現出来ないのは、私達がこうしてくれと伝える術がないからです。




そんな玄界灘に浮かぶ夢の浮島”壱岐”はポイント等よりも皆で育てる皆の島なのです。今の世の中では健全な余暇を過ごすか否かが日本を救う事につながると思うのは国も同じなのです。それを実現出来るのは余暇クラブの数で決まります。

国は経済だけでなく国民の健康な心と体を守のが義務と言えます。その為に地方に対し様々な素晴らしい支援を繰り出しておりますがその殆どが実ったのを見たことがありません。それは都会と過疎地の状況を加味しないからです。物理的に言えば過疎地は衰退するのです。しかし過疎地の負を優にすればスローライフと言う都会より住みやくするのが第二のふるさと・余暇クラブ”であり二極化なのです。

その範を示すのが壱岐牧場の責務と考えております。その若き承継者は決まっておりますがそのスタッフを現在募集中です。仲間に加り夢を叶えてみませんか。

人材募集     090-2582-0644 田口靖人

0120-545-818  ikiboku@ikiboku.jp

     
   
   
     
0120-545-818    

第二のふるさと・余暇クラブ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です